洗顔石鹸の効果について

洗顔石鹸とは?


石鹸というのは、基本的に体を洗うのを目的として作られています。洗顔石鹸は体を洗うのを目的として作られているのではなく、顔を洗うを目的に作られている石鹸のことを指しています。

洗顔のことを調べていると、洗顔石鹸と洗顔フォームに分かれているのはどうしてなのかという疑問に行き着くはずです。洗顔石鹸と洗顔フォームは全くもって別物であると言えるでしょう。

洗顔石鹸のイメージは固形物である石鹸。洗顔フォームのイメージは石鹸ではなくクリームタイプという認識を持っている人は多いはずです。ですが、洗顔石鹸の中には固形物ではないものもあります。イメージとして間違っているわけではありませんが、洗顔石鹸には固形物ではないものもある、ということを覚えておきましょう。

洗顔石鹸と洗顔フォームの大きな違いと言われているのが「合成界面活性剤」が含まれているか、含まれていないかという点にあります。合成界面活性剤というのは肌には良くない成分です。これが含まれているのが、洗顔フォームなのです。洗顔フォームは肌のことを考える前に、肌の汚れを落とすということに着目していると考えられます。合成界面活性剤は汚れを落とすのは強力なのですが、その分だけ肌に大きな負担を掛けてしまっているということを認識しておかなければいけません。

そして洗顔フォームは弱酸性や中性のものが多いです。確かに弱酸性は肌にとっては優しいのですが、肌のターンオーバーを考えると優しすぎるという欠点があるのです。

洗顔石鹸が美容を考える人から支持される理由は、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムなどの天然成分が入っているからです。や香料、着色料、アルコール、防腐剤などて添加されていないというのも魅力の一つになります。洗顔フォームとは違い、洗顔石鹸では肌に必要のないものだけを洗い流すことが出来るのです。合成界面活性剤が入っていないからこそ、肌に優しい洗顔をすることが出来ます。